クサシギでパーカー

申し立てを変えてですね。昨日のリーダーの本番なんですけれども、宇賀神が浦和ではざっとやったことのない、右側サイドバックでスタメンでしたね。
初めて、立てる事件本体不可解でしたが、スタメンなのも不可解でしたが、それも不慣れの右側サイドバックということも不可解でしたわ。で、やはりというか、どうなのかな?というのもあって、日本ではおそらく最適感じの間合いもアフリカパーソンならではの体力で抜こうとしたら、徒歩をかけてしまい、PKね。
今回は、酒井宏樹が怪我でいなくて、酒井高徳は両サイド見込める選手であるから、立てることは裁定につき、右側背部行える選手、それは両サイドもしくは他の所といった併用できるような選手を選んでいきたいって思ってはいたのでしょうが、当初で見切られたのかな?って想うね。
浦和も去年は左手サイドバックは槙野がまわってやる状態で、ダッグアウトという本番多かったので、リーダーに選ばれた事件本体驚いたね。
http://富里市でお金借りる.xyz/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です